超最速のキャッシングでまとまったお金を借りたい


・最速の即日キャッシングの手引き

 

 

 

急に纏った金額が必要、キャッシングしたいが審査が不安..。

 

大手消費者金融では申込みして審査に通るとカードローンが発行されます。
この発行された状態であれば大手消費者金融の限度額内で審査無しでいつでも借入することができます。

たとえば、コンビニなどのATMで出入れもできるので、今お持ちの銀行のキャッシュカードでお金を下ろすような感覚で利用できます。

 

 

中小の消費者金融の場合 は、カードの発行がないところがまだ多いですね。
追加で借入れしたい時は契約書を書き換える必要がでてきます。又、大手の様な「自動契約機」は無いので直接店頭まで出向く必要があります。

 

 

気をつけたいのが

 

 

「ブラックOK」だとか、「即日借入!」などという歌い文句の場合は闇金業者が使う常套手段です。もし貴方が借入しやすい業者を調べていて、上記の様な文言を見られて、ココで借入れしようとすると、闇金に引っかかる可能性があります。その様な罠にハマラないようにしましょう。

 

貸金業を営む場合登録番号が必要

 

「貸金業登録番号」は、単に「登録番号」とも呼ばれていて、消費者金融(貸金業)の営業するに際して財務局や知事に申請して交付されなければなりません。

 

 

例えば貸金業者の公式HPを見に行くと一番下の会社名の近くに「関東財務局長(2)第12345号」といった形で表記されています。 アコムの場合、登録番号: 関東財務局長(12)第00022号ですね。これは貸金業を営む場合必ず登録をしなければならない事となっています。登録番号は5桁の数字で構成されていて、これが「4桁だとか6桁」の場合は怪しんでください。

 

また、金融庁のサイトで番号を打込む所があるので本当に貸金業として登録をしているのかどうかチェックすることができます。ぜひチェックしてみて下さい。

※金融庁登録貸金業者情報検索サービス
https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

 

 

闇金の特徴としては?

先ず金利で判断します。

【消費者金融会社】は、今や法律でがんじがらめに縛られています。その1つに※1「利息制限法」というのが制定されているので金利の上限が決められています。

 

 

利息制限法は借りる金額に応じて上限利息が年利15.0%~20.0%の間で定められています。これを超えて金利をぶんどってはいけないという法律です。これ以上の金利を取る業者は間違いなく闇金ですね。

 

 

利息制限法とは: (出典:wikipedia)

 

利息の最高限の総論では、金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が次の利率(単利。以下「制限利率」とする。)により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効である(本法1条1項)。

◆元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
◆元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
◆元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)

企業の借入れ金利(例)

 

銀行から企業が借入る場合、金利は0.9~3.5%が一般的で、金利に幅があるのは、この様な理由で左右されます。

①企業の体力

②銀行の種類と規模

③固定か変動金利か

④制度融資かプロパー融資か

※この4つが考えられます。

 

 

 

 

上限金利のおおよその目安(個人の場合)

①銀行では金利は15.0%

②大手消費者金融は18.0%

③中小の消費者金融の場合は大体、20.0%のところが多くなります。割高ですね。

 

しかし大手との差は2%なので、考え方1つだと思います。

例えば50,000円を借りた場合1,000円で、10万円借りた場合は2%の差で、金額にすると2000円の差となります。

これが高いか安いかはそれぞれの方の感覚によるでしょうね。

 

 

即日でキャッシングができたとして

 

【中小消費者金融】でも10万円未満の少額キャッシングを行なったとしても、18~20.0%の高金利を設定されるということは間違いないでしょう。

中小消費者金融の全てがそうという事ではないのですが、リスクとして返済期限を過ぎてしまうと取り立てが激しくなる可能性はあります。

ただし、きっちり返済しておけば大手消費者金融であっても、中小の消費者金融であってもその様な事はないでしょう。

 

大手消費者金融で即日キャッシングを申込み融資が可能になれば、大手では返済方法が多様化しているのでとても便利です。大手消費者金融を推しているわけですが、理由があります。「銀行系カードローン」の場合は審査に時間がかかることが少なくありません。
しかしもう既にクレジットカードを持っている場合には、それを使いキャッシングするのが一番早いキャッシング言えるでしょう。

 

 

 

中小消費者金融の場合

 

大手消費者金融会社の様なATM・無人契約機が少なくて直接店舗へ出向かなくてはなりません。まだあります。大手消費者金融会社と比べると金利が高いことも挙げられます。また借上げ金額が少ない業者もあります。

安心して即日キャッシングで融資を受けることができるのは、「大手消費者金融会社」ということになります。

 

 

 

超最速のキャッシングまとめ1

 

わたしもそうですが、この時代私でも貴方でも急にお金が必要になるときはあると思います。その時に1番簡単にキャッシングする方法は、あなたが今所有しているクレジットカードだと思います。普段はクレジットカードでamazonや楽天などでショッピング枠を使い買い物をされているかと思いますが、クレジットカードにはご存知の通りキャッシング枠があります。(キャッシング枠が無い分は出来ません)

お持ちのクレジットカードのキャッシング枠でキャッシングをすると返済をしていかなければなりません。その方法が(リボ払い・分割払い・一括払い)と返済方法がありキャッシング前に一通り確認されてから利用すると良いでしょう。

 

 

クレジットカードガ無い方

 

消費者金融からキャッシングを利用する事をおすすめいたします。それは何故かと申しますと、SMBCモビットなどは10秒簡易審査があり、それに申込むと融資が可能なのか、又ダメなのかが即わかります。最初のお取引では18.0%の金利がつきますが、年齢満20歳~69歳の定期収入のある方なら即日融資が可能です。

 

 

30日無利息期間

 

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、レイクALSAには、30日無利息期間のサービスがあるのでおすすめですね。

 

 

即日キャッシングのまとめ2

 

超最速で即日キャッシングをされたい時には、他社での借入れはないのか、アルのかなど現在のあなたの状況を振り返り、まずは、30日無利息期間がある消費者金融会社を選び決めることが大切でしょう。

申込み額は最初なら最低限必要な金額をはじき出して借り入れを行ない決められた返済を確実に実行していけば優良利用として以後増額もしてくれます。何かの時には大変助かる事でしょう。

ご利用時にはご契約内容をよくご確認し申込みしましょう。

 

 

 

 

即日キャッシング消費者金融ベストBEST3をはじめキャッシングできる有名金融会社または、安心に利用できる中小の消費者金融で今すぐお金が必要な場合即日キャッシングをする場合の心構えや利用方法などをそれぞれカテゴリーに分けて記載しています。

特に超最速の即日キャッシングができるところは、CMなどで知名度でも高い大手消費者金融会社と言えますね。WEB上でも取引が簡単で人気が高い(良い)という事はそれだけ多くの方が借入をし、それに満足しいる証拠だと言えます。

 

 

これらの知名度の高い消費者金融は、自ら評判を落すようなリスクは負いません。
人気と知名度が高い大手は決してキツイ取り立てなどしないのでその様な被害も心配はないでしょう。

 

即キャッシングする時は、これらを踏まえて利用しましょう。

 

つづく.

 

 

 

 

 

最新投稿メニュー

Copyright© 消費者金融の超最速キャッシングにつながる方法 , 2018 AllRights Reserved.